Iターンで気分一新 TokyoDiveなら東京での仕事と住まいを同時に提供

仕事に向き不向きがあるように、住まいにも向き不向きがあります。庭の植木や自宅のペットと違い、なんとなく自分に合わないと思ったら本来自由に好きなところに住むことが出来るはずです。

 

しかし、思うように引越しや移住が出来ないのは、新天地で今と同じように仕事が出来るか分からないからです。

 

この悩みは距離に比例して高まっていきます。片道の通勤時間が1時間くらいなら、ギリギリ今の生活の延長線上で考える事が出来ます。

 

これが札幌から東京、九州から名古屋などとなると住まいと仕事探しの二つを同時に対処する必要が出てきてしまいます。

 

出身地以外で勤務した後地元に戻るUターンなら、土地勘や人脈もあるので、スムーズな移動も考えられます。実家があれば、そこを足場に就活に専念できるので断然楽です。

 

一方、生まれ育った地元以外の地域で働くIターンなら、気分を一新して仕事も住まいもリセットして全く今までの延長線上にない暮らしをする事も出来ます。

 

Iターンは今住んでいる所が生活も仕事も行き詰ってしまった時に思い浮かぶ解決策の一つです。

住まいと仕事を同時に探す遠方の引越しは大変

遠方の方が都会に引越してくるのは、住まいと仕事を新しく見つけるとともに、引越しや都会での高い物価や家賃に備えてある程度の貯蓄が無ければ、余裕を持った生活はおくれません。

 

都会は確かに地方よりも時給やお給料は高いですが、それ以上に家賃が高いのが現状だからです。

 

多くの方は、この二つあるいはそれ以上の困難を解決する見込みがないため、都会に来るのを断念しているはずです。

 

地方から東京に来ると仕事の数とお給料は増える事が多いです。一方、通勤ラッシュに慣れていない方は電車の混雑にストレスを感じてしまうかもしれません。

 

通勤時の混雑が気になるなら、職場に近いエリアの物件を探したり、ラッシュ時間帯を避けた勤務時間の仕事を見つけたりすると良いでしょう。

 

住まいは物件数が豊富な反面、家賃は高い割に部屋は狭いです。しかし交通網も発達しているので、車無しの生活でも十分楽しめます。

 

自分で住まいを探すのは、今ならネットで内覧の予約迄は可能です。仕事もある程度のプロセスまでなら、遠方から行う事も可能です。

 

しかし最後の関門が住宅では入居審査、仕事では面接になります。この二つをクリアするにはどうしても一度新天地に行く必要があります。

 

大家さんの立場から見ると、まだ仕事も決まっていない人よりも、都会で働いている人に部屋を貸したいはず。

 

採用担当者の立場から見ると、まだ部屋も決まっていない人よりも、都会で暮らしている人を積極的に採用したいはず。

TokyoDiveなら仕事も住まいも同時に探してくれる

仕事と部屋探しは繋がっていて、片方のみ解決するのは遠方からの引越しでは大変なのです。

 

それなら、両方一気に解決してしまおうというのが「住まいと仕事を同時に提供してくれる」TokyoDiveのコンセプトです。

TokyoDiveを運営する株式会社アプリは人材関連のサービスを行っている会社なので就職先の確保は安心できます。

 

一方住まいに関しては、全く異なる領域なので、専門企業と提携して住まいのサポートを間接的に行っています。

 

餅は餅屋の言葉通り、専門外の事は積極的にその道のプロに依頼するのが近道です。

 

プロエンジニアのように、仕事と従業員教育ならカテゴリが近いので、自社で参入するのは容易です。

 

TokyoDiveなら仕事は業種も職種も最適なものを選べます。住まいも一人暮らしはもちろん、シェアハウスを選ぶ事ができます。

 

積極的に人と交流したいなら、シェアハウスを体験してみるのも良いかもしれません。

まとめ

見えないハードルが会話にもあるように、遠距離の職探しと住まい探しは地方から上京される方には絶壁のように立ちはだかります。

 

この壁を乗り越えた先には、気心の知れた仲間が出来たり、居心地の良い洗練された職場を見つけたりする事が出来るかもしれないのです。

 

この壁に穴を空けてくれる存在がTokyoDiveです。一度空けた穴を大きく出来るのはあなた次第。

 

好奇心が持てる天職に巡り合う時、素敵なパートナーが見つかれば、今までの苦労も忘れることが出来ることでしょう。