青ひげの悩みから卒業!ヒゲ脱毛で第一印象アップ

ヒゲは男らしさをアピールできると言われています。

 

ですが、ヒゲが似合う有名人を良く見てみると、ある程度伸ばしているのがわかると思います。

 

ヒゲは伸ばす事が出来なければ、処理し続ける事になるのです。それなら、生えてこない方が良いと考える男性がいても不思議ではありません。

 

ヒゲ脱毛をする男性が増えているのもそのあたりに原因があるのではないでしょうか。

 

青ひげを生理的に受け付けない女性は多いです。

 

生理的な部分は会話力で補おうとしても根本的な原因が異なるので努力が無駄になってしまいます。

 

人を変える事ができないなら自分自身がかわるしかありません。

 

たしかに世の中には髭が似合う男性が存在します。そういう男性は髭が有るから素敵というよりも、全てが洗練されているから髭まで似合ってしまうのではないでしょうか。
髭面の泥棒
上のような画像はどこかで見た事はないでしょうか。きっと女の子もどこかで見ているはずです。

 

ヒゲが濃い=泥棒のイメージとインプットされていたら、青ひげの方は最初のコンタクトで有利とは言えません。

 

営業で訪問したとしても、モニター付きインターホンの画面にヒゲが薄っすら生えている男性が映っていたら、居留守を使う可能性もあります。

 

一般的に髭と言うとシェーバーや剃刀で毎日剃っている方も多いのではないでしょうか。

 

朝の貴重な時間を髭剃りに費やすのはもったいないです。

 

それなら5分でも長く寝ていたり、好きな音楽1曲でも聴いていたりした方がどれだけ良いでしょうか。

 

自己啓発関連の本を読むのも良いでしょう。

 

髭剃りに毎日5分間費やす場合、年間では30時間ほど貴重な時間が費やされる計算です。

 

10年間なら300時間です。これから競争が激しくなっていく世の中ではこれだけのハンディがあると仕事面でも影響がありそうです。

 

また、電気シェーバーの場合替刃を定期的に購入しなくてはいけません。すべりを良くするためには、毛クズを掃除したり、オイルを内刃に塗る必要もあります。

 

髭剃りのデメリットとしては

  • 時間がかかる
  • 肌を痛める
  • シェーバー代や替刃代がかかる
  • 青髭になってしまう事もある
  • 旅行が億劫になる

などがあります。電気シェーバーは本体価格も高額です。

 

内刃と外刃をセットで購入すると本体価格の1/3位の金額になってしまう事も多いようです。

ヒゲ脱毛の注意点

 

エステでの光脱毛とクリニックでのレーザー脱毛の仕組みは黒い色に吸収される光やレーザーを皮膚に照射して毛の生産工場を壊していくと例える事ができます。

 

黒い毛が頼りなのです。白髪が混じりだす年齢になってしまったら、いくら効果の期待できる脱毛方法も対応が出来なくなってしまうのです。

 

現時点で白髪を元に戻す手段は確率されていないので、老化現象を感じ始めた方は注意が必要です。

もちろん髭を好きな女性もいます。

 

しかし青髭を気持ち悪く思う女性が圧倒的多数です。

 

上の絵のように女性の頭の中には青髭=泥棒という方程式が出来上がってしまっているのではないでしょうか。

 

青髭が嫌いな女性が8割居るとしたら、そちらの女性にアプローチする方が効率的です。

 

ヒゲが原因で第一印象が悪くなるのはとてももったいない事ではないでしょうか。

 

現在髭を薄くする方法から完全になくしてしまう方法まで、好きな方法を選べるのはある意味恵まれた環境です。

ひげ脱毛は資産同士(お金と時間)の交換と考えると分かりやすいです。

 

ひげの脱毛をしておくと、将来的にも万が一介護が必要になったり、入院する事があった場合にも、介護してくれる方の負担軽減にも繋がります。

 

もちろん、旅行や出張の際は使い慣れたシェーバーを持ち歩かなくても済むので、荷物が軽くなります。

まとめ

少し前までは、クリニックのレーザー脱毛は効果が期待できる反面、痛さと料金の高さがネックになっていました。その事で、他の業態から、比較されていたのです。



しかし、最新脱毛機の登場で状況は一変、速さと痛みの少なさで優位を保っています。

 

分かり易く例えると、長身で太っていた男性がダイエットに成功し、スリムな長身男性になったのです。

 

料金面でも、4年間の無制限コースが登場して、お得感のアピールにつながっています。

 

現在クリニックでのレーザー脱毛が人気なのもうなずけます。

 

最新マシンで医療脱毛を行なってくれるKM新宿クリニックは特別キャンペーン実施中です。