ニオイ対策で清潔感アップ

外敵から襲われた時にニオイを放ち難をまぬがれる虫が存在します。弱い虫にとっては悪臭は強力な武器になるのです。

 

しかし人間は強い存在のはず。クサイ臭いは必要ありません。

 

このページではニオイに関する耳寄り情報を掲載しています。

 

香水を付ける前に臭いの元となっている原因を無くしておかないとせっかくの香水のメリットが半減してしまいます。

 

まずは消臭を行って香水を付ける環境を整えましょう。口臭に関してはこちら。

口臭と同じく体の臭いは、自分自身ではなかなか気づかない場合が多いので厄介です。

 

親密な間柄の友人ならあなたの事を思って指摘してくれる可能性はありますが、初対面の女性が教えてくれる確率は限りなくゼロに近いです。

においは本能行動や感情・記憶を司る部分に直接伝わる

五感とは臭覚と視覚、聴覚、触覚、味覚の事です。

 

各感覚器官から電気信号が発生して脳に伝わるプロセスはおおよそ共通しています。

 

この中で臭覚だけ特殊な一面があります。

 

臭覚は本能や自律神経、記憶を司る大脳辺縁系に情報が直接伝わるのです。

 

一方視覚、聴覚、触覚、味覚は合理的で分析的な思考を司る大脳新皮質経由で大脳辺縁系に伝わるのです。

 

においをキャッチするという事は、におい分子があなたの嗅覚受容体という部分に入ってきたと言い換える事も出来ます。

 

なぜ臭覚だけがダイレクトに脳の本能や自律神経、記憶を司る部分に伝わるかは良くわかっていないようです。

 

ただ、食べ物が腐っていた時に臭覚が異常を感知できなければ、命にかかわるような事もあるので、その名残なのかもしれません。

 

いずれにしても人間はまだまだ分からない部分が特に脳には多いですね。

 

本当はこのページ全部で解説しなければいけない程複雑なプロセスなのです。

 

しかしこのサイトは女性との会話に重点を置いているため、簡単な解説に留めておきました。

 

女性との会話という面では残念ながら、視覚や聴覚のみなので分析的な思考を司る大脳新皮質経由でしか大脳辺縁系に伝わるすべはないようですね。

 

しかし、においを上手に味方に付けることが出来れば、会話がはずむのはもちろん、モテる可能性を増やす事はできそうです。

 

女性の方は【an・an掲載】彼を誘惑して、衝動を駆り立てる!『ベッド専用香水』をご覧ください。

 

におい対策としては

嫌な臭いは女性に伝達しないようにする。
女性が好む良い香りは積極的に伝達するようにする。

この2つだけでも大きいです。最初のが守りだとすると二番目の方法は積極的に自分をアピールする事にも繋がります。

 

多くの女性が好む匂いは様々な研究でわかってきているので、積極的に利用するのも良いでしょう。

 

においが伝わる仕組みを詳しく知っている人はまだまだ少ないはずです。

 

嫌な人の臭いを嗅ぎたくないというのは、自分の体の一部に他人のにおい(分子)が入ってきてしまう事への嫌悪感から来ているのかもしれません。

 

メンズデオ7200

メンズデオ7200の特徴
リピート率90%以上
4大消臭成分配合
含有成分を明記
価格
定期購入【初回】990円。送料無料。3回以上の継続購入が条件となっています。
評価
評価5
備考
定期購入【初回】990円。送料無料。3回以上の継続購入が条件となっています。
メンズデオ7200の総評
1袋あたりシャンピニオンエキス(マッシュルームから特許製法で抽出)1,200mg、柿渋エキス(ニオイ物質と化学的に結合)3,000mg、緑茶エキス(石鹸やサプリでも利用されている)1,800mg、鉄クロロフィリンナトリウム(クロロフィルは葉緑素の一種)1,200mg配合しています。

さらに腸内で優しく働くラクトオリゴ糖も配合しています。

メンズデオ7200は含有量を明記しているのはとても好感が持てます。
薬用柿渋エチケットソープ・プレミアムの特徴
柿タンニンと茶カテキンのW消臭パワー
医薬部外品
柿渋配合率業界No1
価格
1個1,886円(税別)送料無料
評価
評価5
備考
3個セットや定期購入も可能です。
薬用柿渋エチケットソープ・プレミアムの総評
ライザップでも有名な健康コーポレーション株式会社が販売しているのが薬用柿渋エチケットソープ・プレミアムです。

毎日のお風呂で洗うだけで体臭・加齢臭がケアできる、最高級透明石鹸で柿渋配合率業界No1で加齢臭の元「ノネナール」の消臭率98%以上と驚異的な数字を残しています。

柿タンニンと茶カテキンの2つの消臭パワーで体臭・加齢臭を洗ってケア出来るので、毎日の風呂やシャワーで使いたいものです。
加齢臭・体臭対策【デオラ】の特徴
新聞各紙、雑誌でも注目
植物由来の消臭5大成分配合
ハトムギエキス、ヒアルロン酸まで配合
価格
4,104円(税込)
評価
評価4.5
備考
3本セットや定期お届けコースもあります。
加齢臭・体臭対策【デオラ】の総評
また積極的にボディケアを行う男性に対する印象は「素敵だと思う」が58%「当然だと思う」40%を合わせると合計98%になっています。

この結果からクサイ臭いを周りに振り撒くというだけでアウトという事です。「近くに来ないで欲しい」というのが率直な印象なのでしょう。これでは会話もなにも始まりません。

プレミアムボディーソープ「デオラ」は植物由来の消臭5大成分(柿タンニン、緑茶エキス、葉緑素、ミョウバン、シクロデキストリン)を限界まで配合したストロングタイプのボディーソープです。

洗い上がりには、同ブランドの人気オリジナル香水「ストーリア」の香りがほのかに香る仕上がりで、モテ効果、癒し効果も期待出来ます。女性が好む香りで印象UPのページも併せてご覧ください。

 

「目に見えない≠ニオイが存在しない」という点がニオイ対策の難しいところです。

 

匂うメカニズムは相手が知っているか知らないかに関係なく、会話でモテる事を志す際には有力なツールとして使えそうですね。

 

 

ニオイが見えれば話が早い!今までの体臭の悩みがウソのように吹き飛ぶ世界初ニオイ見える化チェッカー Kunkun body

原因が分からないと対策の打ちようが無いものです。

 

健康診断では判定結果に一喜一憂するよりも、体の不調の原因もわかる可能性があるのがうれしいものです。

 

学校のテストでも弱点が分かる事で、対策を立てることができるものなのです。

 

ニオイに関しても同じです。しかし、今まではニオイを測定してくれる機器が見当たらなかったので、モヤモヤした気持ちを抱えながら、形ばかりのニオイ対策を行わざるを得なかったのではないでしょうか。

 

それでは手始めにニオイ対策の難しさを考えてみましょう。

ニオイ対策のむずかしさ

ここでニオイ対策の難しさは、一言にまとめると、見えないから手探り状態で対策を行わざるを得ないことに尽きます。

  1. 見えないのでそもそも体臭があるかも分からない
  2. からだの場所によっては自分で嗅げない
  3. 欲しいメーカーのニオイチェッカーが見当たらない

それぞれ簡単に解説していきます。

見えないのでそもそも体臭があるかも分からない

ニオイはそこに存在するのに見えないことが、他のコンプレックスとは大きく異なる点です。

 

例えば、薄毛の方なら、鏡で見えるので、育毛などで対策を行うことができます。薄毛を元通りのフサフサな状態までもっていくのは大変ですが、変化がないなら、別の方法を考えることも可能なので、ニオイよりもマシですね。

 

ヒゲならもっと分かりやすいです。剃り残しはわかりますし、青ヒゲが嫌ならクリニックなどでの脱毛も可能ですから。

 

ニオイのように、見えないのに見える状態に出来るのは、速度、温度、時間などがあります。速度はスピードメーターやスピードガン、温度は温度計、時間は時計があるおかげで、人は安心して暮らすことができています。

 

もし、速度が分からないなら、高速道路も怖くて運転できませんね。

 

温度が分からないなら、エアコンを点けて良いのか分からないです。

 

時間が分からなければ、時給制の仕事など成立しなくなってしまいます。

からだの場所によっては自分で嗅げない

足や脇ならなんとか自分でニオイを嗅ぐことができます。しかし耳の後ろや頭などは、自分では嗅ぐことは出来ません。

 

他人に嗅いでもらうのも、家族でさえ頼みづらいものです。

耳の後ろや頭のニオイは以外に強烈であるわりに、対策が取りづらいのは、やはり自分で嗅げないことも一因になっているはずです。

欲しいメーカーのニオイチェッカーが見当たらない

まずは、ニオイチェッカーで検索してみましたが、部屋のニオイを数値化してくれる商品が見つかったことがあります。

 

部屋のニオイなら、空気清浄機に付いている、ニオイセンサーで用は足りるので、新たに購入する必要はありませんね。

 

次に体臭チェッカーで調べて見ると、はじめて名前を聞くメーカーの商品がヒットしました。もちろん、その分野では有名な企業かもしれませんが、電気製品はやはりおなじみのメーカーの商品を購入したいですね。

 

最近になって、検索結果にコニカミノルタのKunkun bodyが表示されるようになって「アレ」と思うようになりました。

コニカミノルタの名前はご存知の方も多いことでしょう。コニカミノルタは東証1部上場企業で、複合機に強みがあります。

 

兼業・副業を解禁したことで一時期話題にもなりましたね。

有名メーカーのニオイモニターがなかった理由

病院にも人の病気を治すものと、美容に特化したクリニックがありますよね。ニオイがあっても生死にかかわることではないので、あまり注目されなかったのかもしれません。

 

大手メーカーなら、必ず儲かる市場にしか参入しないはず。

 

ニオイが後回しになるのも、何となく納得できるのではないでしょうか。

 

風向きが変わってきたのが、ニオイによって他人に迷惑を与える「スメルハラスメント」略してスメハラの言葉を耳にすることが多くなった頃です。

 

「ニオイで悩んでいる人がこんなに多いとは予想外だ。ニオイを測定できる商品なら、今までの経験で作ることはできるので、採算も計算できるはずだ」と考えて、商品開発にGoサインを出したのかもしれませんね。

 

コニカミノルタのKunkun bodyをきっかけに、他の有名家電メーカーも体臭チェッカーを開発・販売するようになるかもしれません。

 

いずれにしても、有名メーカーのニオイチェックツールが販売されたのは、社会の変化があった事の裏づけと考えて間違いなさそうです。