多くの人の中から好みの相手を探すのは直感が頼り

災害時など、一分一秒が大切な状況では、直感に頼って行動しなければ命に係わる事も考えられます。

 

直感は結論が先に来るので、あとはそれに従って行動するだけです。

 

実は人との出会いでも直感は多くの人が利用しているはずですが、なかなか統計上の数字などでは表に表れてきません。

 

日常生活では、多くの選択肢の中から、どれか一つを選ばなくてはならない状況では、直感を働かせて選んでいます。

 

直感による選択は意外と正しい事が多いのは、今までの経験が凝縮されているからかもしれません。

 

好みの人を選ぶ際も直感を使う方が多いのは、ハッキリ言って選ぶのが面倒くさいからです。

 

会う人ごとに、就職の選考を行うように、一から相手の品定めをしていても、相手から断られてしまうのは、就職でも一緒です。

 

それなら人を選んでいた時間は無駄になってしまいます。そこで直感が登場するのです。

直感での選択は意外に正しい事が多い

人の性格を見極めるのに時間がかかるものです。ですが直感なら一瞬で好き嫌いを判断することが出来るのです。

 

性格や会話などを通して相手との相性を見極めていくのが積み上げ型の選択なら、直感による選択は結論が最初に来るのが特徴です。

 

直感で選択を行う時に大きなウエイトを占めるのがやはり顔です。性格は実際に会ってしばらく経たないと分からないから直感による判断が行えないのが原因です。

 

「顔」に落ち着くのは、顔には今までの生き様が刻まれているからです。

待ち合わせで初めて相手の顔がわかるリスク

今までの恋活・婚活マッチングサイトは、性格面にウエイトを置いていたものが多かったですね。プロフィールや性格を詳細に登録していって、ようやくマッチングの準備が整うとか・・・。

 

その後、メッセージのやりとりを行って、会う段取りを整えることが多かったです。相手によっては、実際に会うまで顔が分からない事も珍しくありませんでした。

 

会うまで顔写真などを見せないのは、サクラや業者などの存在が気になるからです。また知人に顔がバレてしまうのも嫌という事もあります。

 

期待に胸を膨らませて、待ち合わせをしてみたものの、想像とは違っている人が待ち合わせ場所に居たという事も実際にありました。

 

もちろん、素通りするわけにも行かず、とりあえずお茶でもしながら、「また会いましょう」と言って、実際は連絡を取らないという事もありました。

 

会うまで顔を見せないとこのように、双方にとって時間の無駄になってしまうのです。

 

少なくとも、会う前に相手の顔を見ることが分かっていたら、これらのすれ違いは防げたはずなのです。

顔から選ぶマッチングアプリmimi(ミミ)

mimi-ミミ

 

mimiは、サイバーエージェントグループ会社の株式会社mimiLabが提供している「顔から選ぶマッチングアプリ」です。

 

mimiを利用しているのは、20歳~35歳の方が多いので、すでにアプリをインストールしている方もいらっしゃるかもしれません。

 

「好きな顔、見つけた」とサイトの目立つ部分に書かれている通り、顔や外見から理想のパートナーを探す事を目的にしているアプリであることがわかります。

 

mimiなら面倒な入力項目は6つだけなので、あとは写真の登録に専念できます。自分の写真を登録したら、相手からのアプローチを待ちながら、自分からも積極的に、顔を中心にした情報を頼りに、直感で相手を選んで行けば話が早いです。

 

Ameba(アメーバブログ)やAbemaTVでおなじみのサイバーエージェントグループが運営しているので、セキュリティや信頼性も抜群。

 

安心して理想のパートナー探しに専念できるはずです。