女性を客室乗務員に限定【ダブルプレミアム】

ダブルプレミアムは女性を現役の客室乗務員に限定した、日本で唯一のマッチングサイトです。

 

一方男性は、20代または30代で、医師・経営者・会計士・税理士・上場企業・大手企業・国家公務員・年収1000万円以上のいずれかの職業や年収を満たしている方のみ入会可能です。

 

ハイステイタスの男性向きのマッチングサイトと言えば、20代中心の写真審査通過者限定マッチングサービスMr&Missや30代中心の結婚相手紹介サービスがPREMIUM MEMBERSもあります。

 

PREMIUM MEMBERSとMr&Missは、ダブルプレミアムと同じく株式会社フュージョンアンドリレーションズが運営しています。

女性の写真審査は免除されているのは客室乗務員ならでは

ダブルプレミアムがPREMIUM MEMBERSやMr&Missと違うのは、女性の写真審査が免除されていることです。

PREMIUM MEMBERSやMr&Missを知っている方は、「なぜ男性だけ写真審査を受けて、女性は免除されているのか」疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

ですが、あなたが今まで見てきた客室乗務員を思い浮かべてみると多くの方は、外見や接客など高いレベルであったはずです。

 

客室乗務員は誰でもなれるわけではありません。語学はもちろん、高いレベルの接客サービスや過酷な勤務を続ける体力や気力、お客さんを不愉快な思いにさせない見た目などどの項目もクリアしていないと活躍は難しいはずです。

 

このような理由から、ダブルプレミアムに関しては、女性の写真審査は免除されているようです。

 

このあたりのいきさつは、ダブルプレミアムの「よくある質問」ページの6番目に掲載されているので、入会を希望される方は他の項目も含めて確認しておくと良いでしょう。

男性がダブルプレミアムの入会資格を突破するには

現時点で20代や30代の医療関係者や会社経営者、大手企業にお勤めの方や士業の方は晴れてダブルプレミアムに入会する資格はあります。もちろん写真審査はありますが、入会できる可能性は高いです。

 

一方、年齢や見た目は問題なくても、大変なのが職業や年収の項目をクリアする事です。

 

ただし、若い方で客室乗務員とデートをしたいという強い要望があるなら、今からでも間に合う可能性はゼロではありません。

 

可能性としては、経営者や大手企業、年収1000万円以上のいずれかです。

 

経営者といっても、個人事業主や自営業はNGで、法人登記の取締役以上であることが必要なので、若干ハードルは高めです。

 

大手企業なら、可能性は高いです。もちろん現時点で他の企業が欲しがるようなスキルや経験をお持ちの方が有利ですが、大手の人材紹介サービスを活用すれば、上場企業などへの就職も可能です。

 

フリーター・既卒から優良企業の正社員になるならJAIC(ジェイック)

 

実はダブルプレミアムの入会資格にある上場企業は、上場企業が株式の51%以上を出資している子会社もOKなのです。

他の条件を満たしているなら転職で入会条件をクリアする方法も

大企業には、多くの子会社や系列会社が存在する事が多いので、就活では上場会社を狙うだけでなく、その関連子会社への就職も頭に入れておきたいものです。

 

その際は親会社がどの位、出資しているのかは必ずチェックしておきましょう。

 

最後に年収1000万円です。年収1000万円となると、現在年収500万円の上場以外の企業で働いている方は、あと500万円上乗せする必要があります。

 

年間500万円となると単純計算で月々42万円位の新たな収入を確保する必要があります。

 

考えられる方法は、マンション経営や副業などをミックスして条件を満たしていく方法です。

 

万が一目標金額に到着しなくても、落ち込まない事です。会社以外でお金を稼ぐ手段を確保しておけば、経済的にかなり安心できるはずだからです。

 

これからの時代は自分の力でお金を稼いでいく能力も必要だと考えています。

まとめ

女の子の将来なりたい職業に入っている事が多い客室乗務員はキャビンアテンダント(CA)の言葉の方がピンとくるかもしれません。

 

一方男性も一度で良いから、客室乗務員の女性とゆっくり食事をしたりデートをしたいと思ったりするのではないでしょうか。

 

「俺は収入が低いから、キャビンアテンダントは高嶺の花」と思って最初からあきらめてしまっては、夢のままに終わってしまいます。

 

ダブルプレミアムは年齢、職業(年収)、写真審査の3つを突破しなくてはなりません。

 

年齢や見た目は個人の努力では変えることは難しいですが、職業は努力次第で可能性は残されています。客室乗務員との出会いを夢見て、日々努力をしてみるとダブルプレミアムの扉が開くかもしれません。