車が無くてもデートはもちろん様々なシーンで利用できる便利な時代

バブル経済と言われていた時期、若い男性は車で女の子をデートに誘うのが普通でした。

 

それから25年くらい過ぎて、「若者のクルマ離れが」という言葉がすっかり定着しています。

 

当時の若者(=今の中高年)世代はこのような変化は予期できなかったはず。

 

今はマンションの駐車所を設けても、入居者だけでは埋まらず、一般に貸し出している所も多くなっています。

 

同時に、時間貸しの駐車スペースにカーシェア用のスペースが併設されているのを良く見かけます。

 

現在車はシェアしたり、リースで保有したり、時代は大きく変わっています。

 

このページではお得な車利用法を解説しています。自宅に駐車スペースがない方はカーシェアリングを有る方はカーリースを中心にご覧ください。

コスモスマートビークル

コスモ石油のカーリース「コスモスマートビークル」は月々定額、車検・税金すべてコミコミで新車に乗れるだけでなく、燃料油割引などおトクな特典も付いています。

マイカーローンの場合

マイカーローンで車を購入すると最初に頭金を用意したり車検などの整備費用も別に用意したりしなくてはなりません。

 

予算が合わなければ、希望車種やグレードを希望通りに選ぶ事は出来ません。

 

しかも乗り換えたい時にもローンが足かせになってなかなか乗り換えするのは勇気がいるものです。

コスモスマートビークルの場合



一方コスモスマートビークルなら、初期費用・頭金なしですぐに車に乗ることが出来ます。

 

車検やメンテナンスもコミコミ。月々の支払金額が一定なので、ボーナスが減ったりしても家計の負担が想定内に収まります。

 

さらに「乗換えフリープラン」なら3年たった時点で

  1. 乗り続ける
  2. 乗り換える
  3. 再度フリープランの契約

の3つの中から選択する事が出来ます。

 

ただし、乗換えフリープランには注意点もあります。

  • 乗り換えの際、乗換手数料として3年以降は25万円、4年以降で5万円かかり
  • 契約できる車種が限定されている
  • 契約期間60ヶ月、月間走行距離1,000km、ゴールドパック、頭金なし、ボーナス加算なし、での契約が条件

など制約があるので事前に良く確認しておく必要は有ります。

コスモスマートビークルのポイント

  1. 国産全メーカー・全車種から選べる
  2. 希望ナンバー・オプションOK
  3. 支払いは乗る期間だけでOK
  4. 国家資格を持った整備士がメンテナンス
  5. 頭金なし、月々定額で家計にやさしい
  6. ガソリン割引もあるので、燃料高騰時も安心
  7. 3つのメンテナンスパックから選べる
選べるメンテナンスパック

コスモスマートビークルなら3つのメンテナンスパックの中から好きなものを選ぶ事が出来ます。

ゴールドパック

車検、整備、消耗品交換など、必要な費用が全て込み。ガソリン代5円/L引き(月間100Lまで)。ロードサービスなどの特典有り。

シルバーパック

標準的な項目をカバーしたライトメンテナンスでリーズナブル。ガソリン代3円/L引き(月間100Lまで)

ホワイトパック

車に乗るために必要最低限のパックで月々の費用を出来るだけ抑えたい方に最適です。ガソリン代1円/L引き(月間100Lまで)

乗換えフリープランはゴールドパックでの契約が必須です。

コスモスマートビークルは、契約期間中に車は自由に扱えるので、デートに使用してもレンタカーと違い女の子にも分かりません。

カレコ・カーシェアリングクラブ

車はほとんど乗らない方なら、カーリースやマイカーローンよりもカーシェアリングがお得です。
カレコ 新バナー

カレコ・カーシェアリングクラブのポイント

  1. 6時間以内の予約・利用なら距離料金がかからない
  2. 6時間以内の予約・利用なら料金は使った分だけ
  3. パック料金なら利用時間に応じて最安値が自動適用
  4. 長時間の利用なら「おでかけ割」がお得
  5. 国産車から高級外車まで豊富なラインナップ
  6. チャイルドシート常設車両あり
  7. 24時間電話サポート
  8. 料金に保険料、免責補償費が入っているので安心

カレコ・カーシェアリングクラブの残念な所は利用エリアが東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、岡山、沖縄の6都県のみであることと、都心部中心なことです。

 

逆に首都圏にお住まいの方は便利に利用できるシステムです。カレコ・カーシェアリングクラブの駐車ポールを良く見かけるエリアにお住まいの方なら、デートはもちろん、様々な用途・シーンで利用できるはずです。

個人間でのカーシェアリングのSKY CAR SHARE

デートなどで車を利用したくても、家にあるのがデート向きではなかったら困ってしまいますよね。SKY CAR SHAREは、高級車のオーナーとドライバーをマッチングしてくれるサービス。

 

車を借りるといえばレンタカーですが、「わ」ナンバーは気になるものです。また一般的なカーシェアリングは、会員同士で車をシェアするので、高級車などは少なめで、日常的な車が利用されています。

 

一方、SKY CAR SHAREは、高級車のオーナーにリクエストを出して、承認されたら予約後、車の受け渡しが行われるサービスです。

 

高級車のオーナーと言えば、忙しくてなかなか車を運転できないかもしれません。そのようなオーナーが遊んでいる車を有効に活用できれば、車を資産化できるのです。

 

利用者は一般的なカーシェアサービスではお目にかかれないような高級車や外車、スポーツカーに乗れるので良い刺激になるはずです。

 

受け渡しは待ち合わせ場所で行われますが、高級車のオーナーだけに、新宿など都心部が中心です。

 

利用料金は平日8800円、休日9800円で24時間利用できるので、料金体系的にもとてもシンプルです。

 

気になるのが高級車だけに事故ではないでしょうか。SKY CAR SHAREは保険に加入しているので、万が一の事故でも安心です。

 

保険料は1日700円、免責保証は3万円となっています。

 

登録車両一覧には、憧れの高級車やスポーツカーが多く掲載されています。年会費や月会費も不要なのも魅力的です。

 

一般のオーナーと個人間で車をシェアできるSKY CAR SHAREが気になる方は、ぜひホームページで高級車をチェックしてみてください。

低いリスクである程度のリターンが期待できる「マイカースポンサー」

本業を持っている方で、今よりもお金が欲しかったら副業に興味があるのではないでしょうか。副業を探す上でポイントとなるのは

  • 時間をかけない
  • 疲労を残さない

などになります。

 

本業が終わってから、別のアルバイトを行うとなると、時間もかかってしまいますし、アルバイトに行くだけでも通勤ラッシュに巻き込まれるなど疲労も蓄積してしまいます。

 

副業で大切なのは、できるだけ時間をかけずに、ラクに稼げることに集約されます。

 

その意味で、自動車のリアガラスに広告を掲載するだけで、権利収入が入ってくる「マイカースポンサー」は副業としてはベストではないけれど、ベターではあると考えられます。

マイカーのリアガラスに広告を貼るだけで収入が発生するのは画期的

普通に暮らしていると、お金は出て行くルートには事欠かないのに、入ってくるルートはお給料だけという方が圧倒的です。昔は利子や株式配当の収入も大きかったのですが、低金利の時代では利息で生活するには、かなりの預金量が必要です。

 

株式による配当も、日本人はリスク資産をあまり持ちたくないのか、多くの人は株を持っていないので、配当収入も期待できません。

 

一方、マイカースポンサーなら、マイカーのリアガラスに企業が発行したステッカーを貼り、走行するだけで500円~10万円の報酬を受け取れるのは信じられないかもしれません。

 

お給料による収入が当たり前になっていると、マイカースポンサーのような不労所得や権利収入といわれる仕組みに感動される方もいらっしゃるはずです。

最善ではないけれど比較的良い理由

マイカースポンサーがベストではないのは次のような理由からになります。

  1. 確実に稼げるわけではない
  2. 車を持っていないと成り立たない
  3. 画像などのアップが必要
  4. サービスがいつまで続くかわからない

それでは各項目を解説していきます。

確実に稼げるわけではない

マイカーに広告を貼り付けるだけでお金を稼げるのなら、誰だって興味があるはず。実際に先着型応募プランも抽選型応募プランも、貼りたいステッカーがあっても、すでに売り切れ状態のことが多いです。

 

特に高い報酬を期待できるステッカーは人気が高く、即日完売も珍しくないのです。

 

一方、時給制のアルバイトなら、時間をかけただけ確実に収入が発生するのは安定感が高いといえます。

 

ステッカーによって報酬が決まっているので、あまり過度な期待をしてしまうとがっかりしてしまうことでしょう。

 

それでも、抽選応募型プランの最高報酬は月に10万円なので、くじ運が強い方は積極的に応募してみると臨時収入を手に出来るかもしれません。

 

マイカースポンサーの収入はもらえたらラッキーくらいに思っていると喜びも大きいと言えます。

車を持っていないと成り立たない

不確実性以前の問題が、そもそもマイカーを持っていないとステッカーを貼れないのです。配達用のバイクには今の所貼れませんし、一人1台までの申し込みとなっているので、収入を伸ばす余地も限られています。

 

一応年齢制限もあり、70歳未満の免許を持っている方が対象となっているので、71歳以上の方や免許を持っていない方も利用できないようです。

画像などのアップが必要

ステッカーを貼るといって貼られていないなら、お金を一時的に得られても、スポンサーからの信頼を失ってしまいます。マイカースポンサーでは、実際に広告が貼られているかは、画像のアップロードで確認を行っています。

 

月末になったら、専用アプリで走行距離メーターとリアガラスの写真をアップロードする必要があります。

 

普段から画像をネットにアップしている方なら、単純な作業もカメラを扱う経験が少ないと、なかなか面倒で続かない可能性があります。

サービスがいつまで続くかわからない

マイカースポンサーの運営会社の設立は2018年1月、サービス自体もまだまだ新しいので、今後多くの方に利用され続けていくのか、スポンサーが広告を出し続けてくれるかは未知数な部分があります。

 

不景気になるとまっ先に削られるのが広告費とも言われているので、景気循環を乗り越えられるかもしっかり見ておく必要があります。

あまり期待しなければマイカースポンサーでの収入のありがたみを実感できる

不確定なことがあっても、やっぱり不労所得は嬉しいものです。

 

マイカースポンサーのステッカーが品切れ状態になっているのは、労働以外の収入の大切さを実感している人がそれだけ増えているともいえます。

 

これからの時代は、お金も大切ですが、それ以上に時間の重要性が高まってくることは確実です。

 

特に介護や育児、家事などに追われてしまうと、副業をしたくても出来ない悪循環に陥ってしまい、気が付いたら時間もお金もなくなってしまうことも考えられます。

 

その点では、マイカースポンサーは時間をかけずにお金を得られる意味は大きいです。

 

マイカースポンサーで発生する収入は本が売れたときに得られる印税に近いものがあります。費やした時間と収入の多さが比例しないので、最初は戸惑うかもしれませんが、そのうまみを知ることができたら、マイカースポンサーをきっかけに労働以外の収入を増やすきっかけになる可能性は高いです。

 

時間と関係なしに収入が発生するということは、時間をかけても収入が伸びない代わりに、時間がなくても収入が発生するメリットがあるのです。

 

車を持っている方で、時間と労力をかけずに、お小遣い程度の臨時収入を得たい方は、マイカースポンサーがきっと役に立つはずです。

ページの先頭へ戻る