上手なアピール方法

会話中において、自分のアピール方法というものは難しいですよね。自己アピールしすぎると女性に嫌われてしまいますし、あいづちだけをしていると、会話が下手だと思われたり・・・。

 

会話中でも難しい自己主張ですが、トラブルが起きた場合の自己主張はもっと難しいのです。

 

職場やサークルなどで、問題が起きた場合に、「俺はこう思う!」と断言するより、「俺はこう思うんだけど、皆はどう思うかな?」という一言を付け加えるだけで、自己主張が柔らかく聞こえるのです。

 

日頃、無口な人がそういう場面で発言すると「心の中は熱い人間なんだ!」と思われますし、日頃、おしゃべりで明るい人ならば、「面白いだけじゃなく、周りをきちんと見て、ちゃんと考えているんだ」と思われます。

 

いつも自己主張ばかりしている男性は女性からみて「威圧的」だと感じてしまいます。

 

勿論、自分の意見をしっかりと言えるということは素晴らしいことです。しかし、自己主張した後のフォローがたいせつになってくるのです。

 

自分の意見を押し通そうとするのではなく、自分の意見とともに、他の人の意見もしっかり聞き、問題を解決していく力がモテる力に繋がるのです。

 

一人の女性だけでなく、大勢の人間関係を円滑に進めることもたいせつですよ。

タイミングを見て、アピールをする

合コンやサークル、大勢での飲み会でモテるためにはアナタはどうしますか?

 

声を張り上げて、自分の存在をアピールすると答える人が多いと思います。「やっぱり、中心にたたないと、女性から注目されないし」と思ってしまいますよね。

 

しかし、頑張って声を張り上げて中心になって盛り上げたとしても注目されない場合があります。

 

それより、決して話題の中心にいるわけではないけれど、一言鋭い言葉をズバっという存在の男性のほうが、女性の心の中に残るのです。

 

これは、職場などの会議中でも利用できる方法です。議論が白熱している状況で、一人冷静に話を聞き、最後にみんなの意見や視点をまとめて、最もいい答えをだす男性が、一番頼りにされますよね。

 

女性は、大声を張り上げて、中心になっている男性ばかりを見ているわけではありません。

 

女性というものは、一点を見ていると思わせながら、色々な部分に目を配らせチェックをしているのです。

 

女性に注目されるためには、目立たなくては!と思うのではなく、たった一言でも心の中に残る、印象に残る言葉を残すだけでいいのです。

会話術を日常からビジネスまで応用

また、会話術(コミュニケーション能力)は単に女性との会話に留まらず、社会人としてまた、ビジネスマンとして活躍していく上でこれからはますます必要とされる能力とみなされていくことでしょう。

 

現に様々な企業の人事担当者のインタビューなどでは、コミュニケーションスキルを採用基準に取り入れているとのことです。

 

会話術を身につけるには、やはり日頃から、様々な人と交流を持ち、練習していくのが一番なのですが、ただ喋りまくっても会話能力が向上するわけではありません。

 

女性にモテる会話術では、実際に女性の意見も取材して、どうすれば女性と楽しく会話が出来るのかに留まらず、モテない会話例、電話での会話術まで踏み込んで記載しています。

 

今日から貴方もモテる男に大変身。会話法が上達すれば、恋愛にとても効果があることでしょう。

ページの先頭へ戻る