女性から見たモテない男性の会話

今までモテる男性になるにはどうしたらいいか。というテクニックを紹介してきました。

 

多くの例を紹介しましたが、やはり「こういう男性はモテない」という例を出した方がわかりやすいですよね。

 

また、「こうしたらモテるようになる」と勘違いしている男性も多いと思うので、ここで自分の間違いを発見しましょう。

 

よく男性が勘違いしていることがあります。昔はちょっとした悪だったということをアピールする男性。

 

「俺、昔ヤンキーだったから、今でも多くの仲間をすぐにでも呼ぶことが出来るよ」と自慢していませんか?なぜか男性は「ヤンキーがもてる」という図式の男性が多いのです。

 

女性は強い男は好きですが、「喧嘩が強い男が好き」というわけではありません。

 

その部分を勘違いして、「昔はちょっとしたヤンキーで、地元じゃ有名だったんだ」と言ってしまう男性は、女性から引かれてしまいます。

 

しかもこういう男性というものは話を大きくしてしまう傾向があります。「昔、喧嘩で俺一人に相手が10人だったけど、楽勝だった」とか「俺、東京制覇も夢じゃないと思う」など根拠もない自信だったりとか。

 

自信を持つことはたいせつです。しかし根拠もない自信や、あからさまな作り話をしてしまうととてもかっこ悪くみえちゃいます。

アナタは話がつまらない男性では?

合コンに参加する女性の意見として、「話がつまらない男はパス」という意見があります。

 

合コンの中でもかっこいい男性がいるとします。やはり、女性からも第一印象がよくて、色々な女の子がその男性を狙っているとします。

 

合コン終了後、かっこいい男性は誰もゲットできないことだってあるのです。

 

その理由は「話しがつまらない」という理由なのです。「○○クンってかっこいいけど、話しがつまらなかったからパス」という理由なのです。

 

話がつまらないという理由はとても簡単なこと。自分の話しばかりすること。または、女性が話すのをじっと待つこと。

 

この2つは今まで色々なテクニックを紹介してきてましたので、アナタも理由が理解できますよね。自分の話しばかりしてると女性は退屈してしまう。

 

しかし、女性が話をするのをじっと待っているのも、女性が気まずくなり、 女性が楽しくないと感じる。というものなのです。

 

自分が話すのではなく、女性に色々と話してもらうことで、女性から好感度がアップしますよね。

 

しかし、聞き上手になるといって、女性が話し始めるのを待っていては駄目です。きちんと、質問を投げかけて、女性が話しやすい環境を整えてあげることがたいせつなのです。

口だけの男性

恋愛だけでなく、人間関係の中で必要となってくるのは、信頼関係ですよね。その信頼関係を崩す原因となる「ウソ」をアナタはついたことありませんか?

 

本人は軽くついたウソであっても、ウソには変わりありません。ちょっとしたウソであっても、信頼関係が崩れてしまっては元も子もありません。

 

ちょっとしたウソをつく人は、大抵「有言不実行」という行動をとる人なのです。

  • 簡単に「わかったわかった!今度○○してああげるよ」と軽く言う男性。
  • 出来る仕事ではないのに、簡単に「出来ます」と答えを出してしまう男性。
  • 自分の夢を誇張して、自慢する男性。

など、こういう男性が有言不実行タイプの男なのです。夢は大きくもつことはたいせつです。

 

しかしあまりにも女性を意識し、夢を膨らましてしまうと、女性は「ウソだな」と気付いてしまいます。また何でも簡単に「出来ます」という男性は、大抵の人から信頼を失う行動ですよね。

 

女性と話していて、簡単に○○してあげるなど、根拠のない約束をしてしまうと、女性だって、「いつになったら約束を果たしてくれるんだろう」と疑問を持ち、どんどん不信感が高まってしまいます。

 

こういう男性は、自分が軽く約束した内容をすっかり忘れてしまいがちです。

 

何度も女性にそういう行動を繰り返していると、女性からの信頼はゼロになってしまいます。

「無」の男性

あなたは興味のあることってありますか?女性はファッションであったり、お化粧であったり、色々な分野に興味があります。そのことについて、男性が興味を持ってほしい!という理由ではありません。

 

しかし、感心がなさすぎるというのもどうかと思います。男性の中には、無関心男・無感動男がいます。

 

興味がないことであっても、女性と話す場合は、「それって何?」 と少しでも興味を持ってもらうことで女性は嬉しいものなのです。

 

無関心な男性は、女性の話の内容に全く興味がないので、女性が色々な話をしていても、「ふ~ん」「そうなんだ~」といった心のこもってない返答をしてしまいがち。

 

男性としては、ちゃんと話を聞いていると思っていても、女性はすぐに「この人、全然私の話しに興味がないんだな」と気づいてしまいます。

 

「自分の話しに興味がない」=「私に興味がない」と思われてしまうので、要注意ですよ!また、全く感動しない男性もどうかと思います。

 

一緒に映画を見に行ったり、テレビの感動話・ラブストーリーなどの話題になったときに、全く感情がなかったり感動がなかったりすると「この人、とてもつめたい人」と思われてしまいます。

 

冷たい人とクールな人というものは全く別ものです。あなたは無関心男・無感動男になっていませんか?

根に持つ男性

「根に持つ」という言葉を聞くと、男性より女性が多いと思いますよね。女性であれば、女性特有のネチネチした性格から根に持つ女性って多いと思います。

 

女性が根に持つタイプであっても、「女性だから」と あまりマイナスポイントにはなりません。 しかし、男性で根に持つタイプの男性って凄くマイナスポイントになるのです。

  • 人の失敗を何度も繰り返し指摘していませんか?
  • しかも、その人の昔の失敗を何ヶ月も何年も掘り下げて指摘していませんか?
  • バレンタインチョコや誕生日プレゼントをもらえなかったと、ずっと愚痴っていませんか?
  • モテる男性のモテる話を覚えていて、ねたんでいませんか?

人は誰だって、失敗をしてしまうことありますよね。 しかし、その失敗を見つけたら目の色を輝かせ、周りや好きな女性の前でその失敗について、楽しそうに話をしていませんか?

 

失敗について、フォローしてあげたり、励ましてあげたりした話ならまだ嫌な思いをしなくていいのです。

 

しかし、人のミスを楽しそうに話している男性を見て、女性は楽しいとは思いません。逆に不快な思いをしてしまいます。

 

また、昔の彼女などの話しが出たときに「俺はきちんと誕生日もホワイトデーも祝ってやったのに、元カノは全くくれなかった」と話す男性はNG!

 

贈り物は見返りを求めるものではありません。気持ちの表れなので、そういう発言は絶対にしないようにしましょうね。

アドバイスが不適切な男性

多くの男性を見ていると、男性というものは「人に何かを教えてあげたい」生き物なのかな。と思うときがあります。それは、女性だけでなく、男性に対しても教えるのが好きな人が多いと思います。

 

教えるという行為がモテないというわけではありません。女性だって、男性から教えてもらうのを好む傾向があります。

 

その教え方に問題があるのです。

 

教え方にも色々なアドバイス方法があると思いますが、的に沿ってないアドバイスをしている男性がたまにいるのです。

 

また、アドバイスとして指摘していると思っていても、説教くさくなっている男性もチラホラいらっしゃいます。

 

付き合い始めや、まだ付き合っていない女性との間でのアドバイスは気をつかって、なるべく簡単に軽くアドバイスする男性も多いのです。

 

そして付き合いが長くなるほど、男性のアドバイスが説教に変わってくる傾向があるのです。

 

女性自身がアドバイスを嫌うわけではありません。しかし、アドバイスと勘違いした説教や、アドバイスになっていないアドバイスを聞かされるととてもうんざりしてしまいます。

 

的確はアドバイスとは、自分の意見やアドバイスだけを女性に伝えるのではなく、女性の気持ちや考え方をしっかりと聞き、二人で話を進めることが重要になってくるのです。

口が軽い男性

男性の中で「俺って話し上手」と思っている人いますか?そう多いとは思いませんが、そう思っている人ほど、口が軽い男性が多いのです。

 

おしゃべり上手な男性は女性にも男性にも人気がありますが、そのおしゃべりの内容にもよります。

  • 友人や知人から相談された内容を、話を盛り上げるために、相談内容を話していませんか?
  • うわさが好きで、色々なうわさを入手しては、周りの人間に話していませんか?
  • ポロっと内緒ごとを言ってしまいませんか?

会話の中で、人からの相談ごとやうわさ話などで盛り上がるのは、女性からみても男性からみてもタブー!アナタの信頼度はゼロになってしまいます。

 

お酒の席などで、うわさ話が出たとします。 自分は色々としっているけれど、顔にださずにそのことについて触れない男性がモテるのです。

 

一方、モテない男性は、「俺その話知っている」と言ってしまったり、そういう雰囲気を出してしまっているのです。当然、周りの人間はそのことについて知りたいので、突っ込んできますよね。

 

自分の中では、おしゃべりが上手!と思っていても、周りからみたら「単なる口が軽い男」としか見られていないかもしれませんよ!アナタも口が軽い男になっていませんか?

他人行儀な男性

「親しき仲にも礼儀あり」この言葉って素敵な言葉だと思います。しかし、いつまでたっても他人行儀な男性っていますよね。

 

そういう男性は、女性との距離がなかなか縮まらなくてモテない男性になってしまうのです。

 

初対面なのに、昔からの友達のように挨拶されたり、名前を呼び捨てにされたりするのは、不愉快なことですよね。

 

初対面の時くらいは、他人行儀が1番なのですが、何度も会っているのに、ずっと敬語を使われてしまうと、とても疲れてしまいますよね。

 

大人としての礼儀とは、いつまでも他人行儀でいることではありません。時と場合によって、融通を利かせ、挨拶や言葉遣いを選べることが大人としての礼儀だと思います。

 

合コンや、お酒の場であるのに、いつまでも堅苦しくしていると、アナタに寄ってくる女性も寄ってきません。

 

いつまでも他人行儀でいると、女性も近づきにくいですし、話をしていてもリラックスして話をすることが出来ません。

 

そういう状況で恋愛を発展させようと思っても無理な話しです。人間というものは、親近感が湧くと恋愛に近い感情に変わっていくことが多いのです。

 

その親近感がわかなければ、恋愛に発展しませんよね。他人行儀もほどほどにしましょうね。

うんちくばかりの男性

最近、うんちく話で盛り上がっているテレビ番組が多いですよね。 その波に乗っかっているのかどうかは分かりませんが、薀蓄(うんちく)を言う男性が多くなったような気がします。

 

色々なことを知っている男性ってとても素敵だと思います。女性からも尊敬されるとは思いますが、そのうんちくの話し方によって、モテる男性とモテない男性に分かれてしますのです。

 

モテない男性のうんちく話とはまず、

  • 偉そうに話をする男性
  • 話しが長すぎる男性
  • どうでもいいうんちくが多い男性

ですね。

 

女性はアナタのうんちく話をきいて「凄いね!そんなことも知ってるんだ~」と尊敬している言葉を言っているかもしれません。

 

もしかしたら、心の中では「またうんちく話が始まったよ」とうんざりしているかもしれません。

 

では、うんちく話を披露したい場合はどうすればいいと思いますか?答えはネタは小出しに、そしてサラっということです。

 

1日に何度も何度も、うんちく話を聞かされてもうんざりしますし、正直、1日1個うんちく話をきくくらいで充分です。

 

そして、そのうんちく話をダラダラと話すのではなく、より簡潔に話すことがたいせつ。女性が興味を持っているようであれば、ちょっとだけ説明を付け加えるといいですね。

噂話が大好きな男性

女性って噂話が大好きですよね。 一方、男性の中でも噂話が大好きな男性が意外といるものなのです。

 

「女性も噂話が好きなんだから、女性の前で噂話をしてもOKなのでは?」と思う男性もいると思うのですが、それが女性と男性との間の噂話ってマイナスポイントになってしまうのです。

 

男性が噂話を大好きだと、男性の人間性や男性自身の考え方が軽く見えてしまいます。

 

女性と男性が付き合うとなると、結婚を考えますよね。 やはり結婚する男性は、信頼したいですし、人間性もしっかりした男性を求めます。

 

ですので、「噂話をするような男性とは付き合いたくない!」と感じてしまうのです。

 

また、噂話が好きな人に自分の悩みなど相談したいと思いますか?

 

噂好きな人に相談してしまったら、自分の相談事を面白おかしく、他人にばらされてしまいそうだと思いませんか?

 

「安心して相談出来ない。」と思うような男性と女性は絶対に付き合うことはありません。

 

男性同士で、噂話で盛り上がるのもナシだと思いますが、女性の前では絶対に噂話で盛り上がらないようにしましょう。

 

ちょっとでも女性にモテたいと思うのならば、大好きな噂話は一切にしないように努めましょうね。

ウザい男性

ウザい男性の典型的パターンがあります。 それは「聞きたがる男性」です。好きな人のことは色々と知りたいですよね。

 

それは、恋愛感情としてもとてもたいせつなことだと思います。しかし、付き合ってもいないのに、

  • 「今日何してた?」
  • 「仕事は何時くらいに終わるの?」
  • 「今日のご飯は何を食べたの?」
  • 「今度の休みはなにをするの?」

と、質問ばかりする男性は、女性にウザがられてしまいます。

 

相手の好みや性格を知ることは重要ですし、女性が話しやすい環境にするために、女性に対して質問することもたいせつです。

 

しかし、質問内容がプライベートなことばかりだと、女性はウンザリするものです。

 

特にスマホが普及し、メールやLINEでいつでも連絡が取れる環境になり、ウザい男性が増えてきているような気がします。

 

プライベートな質問ばかりされると、「束縛」されているような気がして、女性はとても嫌悪感を抱いてしまいます。

 

「彼氏でもないのに、○○クンはいつもメールしてきて、プライベートなことばかり聞いてくる」と思われてしまうと、「○○クンと付き合うと、束縛されそうだな」とマイナスイメージを持たれてしまうのです。

 

相手のことを知りたいという気持ちは理解できます。

 

また、聞き上手になるためには話題を提供しなければ!と思う気持ちも理解できます。

 

しかし、質問内容や質問する間隔・頻度に気をつけるようにしましょう。

忙しいとよく言う男性

簡単に「忙しい」という言葉を使っていませんか? 実際に仕事に追われて「忙しい」と言う言葉を使ってしまいがちな人もいると思います。

 

男性の中には、「俺は仕事が出来る」とアピールしただけで、「忙しい」と言っている男性も少なくないのです。忙しいことは仕方がないことです。

 

しかし、女性からしてみたら、「忙しい」を毎回連発されてしまうと「もしかして私と会いたくないのかな」 「間接的に拒否されているのかな」と勘違いしてしまうものなのです。

 

実際に仕事に追われ忙しく働いている男性もいるでしょうが、モテる男性は決して簡単には「忙しい」とはいいません。

 

そして、女性に対して 「忙しいけれど、君に合う時間はちゃんととってあるから」というフォローをいれるのです。

 

実際に忙しい人は、女性に対してフォローをしてあげ、安心させてあげるようにしましょう。もし、忙しくないのに見栄を張っている人は間違いです。 仕事が忙しいことがカッコいいことではありませんよ。

 

また、忙しいスケジュールの中でも、予定をしっかりたてて、プライベートの時間を充分に楽しめる男性が、大人な男性だと思いますし、とても感心しますよね。

 

忙しいという言葉は、とても便利な言葉ですが、使い方によって女性との距離が離れてしまうので注意しましょうね。

言い訳ばかりする男性

男性だって女性だって、ポジティブで前向きな人と過ごしていると気分がいいものですよね。

 

自分も頑張って前向きに頑張ろう!って思えますし、一緒にいて楽しい時間を過ごすことが出来ますよね。

 

逆に、マイナス思考で常に「だって」「どうせ」と言っている人と一緒にいても全く楽しくありません。

 

アナタは言い訳ばかりしていませんか?「だって」「どうせ」「でも」と言う言葉をよく言っていませんか?気づいてない男性も多いと思うのです。

 

自分を謙遜して「どうせ、僕なんか駄目だし」というセリフを言ってしまう男性がいます。謙遜しているつもりが、後ろ向きでモテない男性に早変わりです。

 

そんな話をするくらいなら「僕はこれなら得意だよ」と、アピールしてくれた方が一緒にいて楽しい時間を過ごすことが出来ますよね。

 

また「でも」という言葉を連発する男性がいます。

 

「でも」という言葉は相手の話していることに対して、反論する言葉ですよね。

 

そういう男性と話をすると「でも」で返され、相手の意見を押し付けられることが多々あります。「でも」という言葉はなるべく使わないほうがベターです。

 

自分にコンプレックスがある人ほど、言い訳をしたがります。自分に自信がなくても、言い訳をせずに堂々としていればいいのです。

ページの先頭へ戻る