見直される電話での会話作法

電話での会話作法

女性とコミュニケーションをとる手段は、会って会話をするだけではありませんよね。メールや時には電話で会話を楽しむことだってあります。

 

メールと携帯の大きな違いは相手の肉声が聞こえるという点です。

 

携帯電話はお互いの顔が見えないので、表情で相手の気持ちを察することが難しく、電話が苦手だという男性も多いと思います。

 

ここで、携帯電話での会話テクニックを紹介しようと思います。

電話でのコミュニケーション

女性との電話は緊張するもの。 携帯電話をかけようと思うけれど「携帯に出てくれるかな?」と不安になってしまう男性も多いのではないでしょうか。

 

実は、女性が毎回電話に出てくれるテクニックがあるのです。それは、女性にストレスを発散してもらうことなのです。女性は話を聞いてもらいたい生き物。

 

メールでは面倒くさいし、携帯電話だったら簡単に内容が伝えられるし、話すことでストレスを発散することが出来るのです。

 

女性との電話テクニックは、女性に話題をふって、その答えを聞くこと。

 

話が終わったらまた質問し、その答えを聞くこと。 の繰り返しなのです。決して自分の話しは持ちださずに、女性の話を聞いてあげるのです。

 

そうすることで、女性はアナタと話すことで、ストレスが発散することが出来、携帯に毎回出てくれるようになるのです。

 

また、女性が喜ぶ言葉があります。 それは、ヨイショしてあげることです。

 

相手を褒めるときのコツは、基本的に自分が言われて嬉しいことをいえば、OKです。

 

女性が「髪の毛を切ろうかな」という話をしてきたときは、「髪を切っても似合うと思うよ」という答えでもいいのですが、「ロングも似合ってるけど、夏になるし切ってもいいんじゃないかなぁ?

 

顔小さいし、ショートとかセミロング、似合うと思うよ!」 と付け加えて、ヨイショしてあげると女性はとても喜んでくれますよ。

 

メールは便利ですが、女性話せる機会が減っているのではないでしょうか。

 

話す事でストレスを解消できる事が多い女性にとって相手と電話などで話を出来る事はたいせつなのです。

電話でデートに誘うコツ

電話のコツは少しずつ身についてきましたか?女性と電話をするコツは、女性のストレスを発散させること。

 

そしてヨイショして女性の気分をよくすること。が重要になり、アナタからの電話が嫌なものではなく、楽しいということを実感させることが重要です。

 

では、次のステップに進みましょう。電話でデートに誘う時、アナタならどういいますか?「来週の土曜日、暇?」と一言ですませてしまいますか?

 

もしこの言葉だけでOKがもらえたら、女性はアナタに気持ちがある可能性が高いです。

 

しかし、女性から断られる可能性が高かったり、自分に自信がない場合は、会話構成をしっかりと決めて、デートに誘いましょう。

 

「映画のチケットが2枚あるんだけど、今度の日曜日一緒にいかないかな?夜ご飯も一緒に食べない?この前美味しいお店教えてもらったからさ。」という風に構成をしっかりと決めておきます。

 

映画のチケットというのが、前フリで誘いやすくなりますよね。

 

日曜日というこおで、スケジュールを聞き、夜ご飯+美味しいお店で、女性に餌をまくのです。

 

女性だって単にデートに誘われるだけでは、どんなデートだろう?と不安になりますし、美味しいお店という言葉につられちゃう可能性だって大きいのです。

 

日曜日が駄目!といわれてしまったら「映画のチケットは日付きまってないから、○○ちゃんにあわせるよ」と言って、スケジュールをあわせましょうね。

電話が怖いと思うアナタに

どうしても電話する勇気がないというアナタに電話が出来るように、自信を持たせてあげましょう。

 

電話が怖いと思う理由として、女性が「嫌がってはいないか」という部分が引っ掛かっていると思うのです。

 

メールが主流になっている今、携帯電話に着信があるとちょっと嬉しい気持ちになったりしませんか?

  • 本当に電話に出た場合、どう対応しよう。
  • しつこく電話して嫌われたらどうしよう。
  • 電話に出なかったら、ショック。
  • 今電話して迷惑じゃないかな。

と思ってしまうんですよね。

  • 携帯電話に出た場合の対応の仕方がわからない男性:女性が電話に出たときに 「電話に出てくれたんだ!ちょっと嬉しいわ~!」の一言を用意しているといいでしょう。この会話でリラックスすることが出来るのです。
  •  

  • しつこく電話して嫌われたらどうしようと思っている男性:1日に10件も電話がかかってきているのであれば、女性だってビックリしますし、怖くなってしまいます。

     

    しかし、1日2~3件かかってきてるのなら、女性はなんとも思いませんよ。 逆に「何か緊急の用事があったのかしら?」くらいにしか女性は思いません。

  •  

  • 電話に出なかったらショックだと思っている男性:こんなこと思っていたら、一生女性に電話できません。

     

    留守電になったときでもお話したように、電話に出なかったときに取り込んでいるのかもしれません。そんな時は留守電テクニックを利用しちゃいましょう。

  •  

  • こんな時間に電話しても大丈夫かな。と心配する男性:もし、女性が電話に出なかったら、 「時間が空いているとき、連絡チョウダイ。またこっちから電話かけなおすから」というメールを入れて、フォローすれば大丈夫ですよ。

電話だと会話が続かない?

電話での会話作法

最近はメールで連絡を取る人が増えて、電話連絡に慣れていないからか、電話だと会話が続かない電話恐怖症になっている男性が多いみたいです。

 

そんな男性のためにとあるテクニックを紹介しましょう。

 

それは、目に入ったものを何でも会話に取り入れてしまうということです。

 

女性と電話している場合、お互い違う場所にいるということで、周りの環境が全く違ってきます。

 

アナタは、大抵自分の部屋から女性に電話をかけるとします。もし、テレビが目にはいったなら「もう地デジ対応のテレビにした?俺んちまだなんだよね」という話題してします。

 

本棚が目にはいったのなら「俺、漫画好きで読むんだけど、○○チャンとか漫画読む?」という話題にしてしまいます。

 

布団が目にはいったら「おれ今布団だから、ベッドがほしいんだよね。どこのお店が安いかな?」という話題にしてしまうのです。

 

目にあるものから、会話に発展させる方法って意外に簡単で慣れてしまうと、パッと目に入ったものから会話に繋げられるようになります。

 

それでも、不安と言う人は、「テレビが目に入ったらこういう風に話題をもっていこう」と準備しておくのもいいですね。

電話でも前フリ?

携帯電話でたいせつになってくるのは、つかみですよね。でも、簡単につかみといっても難しいもの。

 

ここで、電話で効果的なつかみを紹介しようと思います。まず、元気に「ひさしぶり!」と言ってみましょう。本当に久しぶりじゃなくてもいいのです。

 

そういう場合は女性から「今日も、会社であったじゃん」と突っ込まれても「いや、二人っきりで話すのは久しぶりじゃん」といえば、二人の空気もリラックスしますよね。

 

次に面白おかしく「声変わりした?」と言ってみましょう。女性ですし、声変わりもしませんよね。女性の返答は「こんな歳で声変わりするわけないでしょ」と突っ込まれます。

 

アナタは「声が若くなったってこと!何かいいことあった?」と笑い話にして、空気を和ませて見ましょう。何かいいことあった?という前フリもたいせつですよ!

 

まだまだ、ありますよ。「髪型かわった?」「いま、そっち何時?」など、楽しい話題、冗談まじりのツカミから会話を始めると、女性もリラックスして話すことが出来るのです。

 

最初の一言が、楽しい電話の前フリになるんですよ。「○○クンとの電話って楽しい」と思わせることで、二人の距離は縮まりますし、今後電話に出てくれる可能性だってどんどん上がるわけです。

携帯電話が留守電になったとき

勇気をだし、好きな女性の携帯に電話をしたら留守電になりました。さて、アナタならどうしますか?大抵の人なら留守電になった時点で諦めますよね。

 

しかし、ここで諦めてはいけません。留守電になったからと言って、嫌われているわけではありません。電車内や携帯禁止エリアでなど女性が携帯電話に出れない状況にいるのかもしれません。

 

携帯電話が留守電になったら「すぐに終わる用件だったんだけど、メールだと説明が難しいから携帯に電話しました」と伝言を残すだけで、女性から必ず電話がかかってきますよ。

 

もし、伝言を残すことにためらいを感じるのであれば、電話をした直後にメールをしましょう。メールなら電車内でも連絡を取り合うことは可能です。

 

内容は「移動中だった?ごめんね」「なんでもない。ごめんね」という内容ではなく、「時間があるときに連絡ください」というメールを入れましょう。

 

「ごめんね」と入れてしまうと、「別に大したことじゃなかったのかな」と電話をスルーされてしまうので、注意してくださいね。

 

メールは表情はもちろん、肉声も聞こえないので意思の疎通としては便利な反面難易度は高いです。トラブルが多いのもメールではないでしょうか。

連絡先を教えたのに連絡がこない場合

電話をしたいけれども、相手の携帯番号は知らない。 女性が自分の番号を知っているのに、連絡がこない場合に、アナタならどうしますか?

 

電話がこないと落ち込んでいる前に、「どのようにして電話番号を教えたのか?」という部分に注目してみましょう。

 

同じ会社に気になる女性がいたとします。 その女性に、勇気を振り絞って、アナタの連絡先を書いたメモ用紙を渡したとしましょう。

 

これだけでは、女性から電話がかかってくる可能性はかなり低いです。

 

女性は「なぜあの人は私に携帯の番号を渡したの?」と考えてしまいますよね。

 

ある程度、「私に好意をもってくれているのかしら?」と思っても、どうやって電話していいかわからず、アナタの電話が鳴ることはないでしょう。

 

では、どうすればいいのか? 普段接点がない人と連絡を取り合うためには、「理由」を作ることがたいせつです。

 

「この前、伊豆旅行に行ってきたという話をチラっと耳にしたんだけど、僕も伊豆に行きたいと思っているから、色々オススメの場所を教えてもらえないかな」という理由をつければ、女性は安心してアナタに電話をかけてくるでしょう。

 

女性はとても警戒心が強いですので、理由をつけることがたいせつになってくるのです。

 

会話に自信が付いたら、人気コミュニティサイトで実際に異性を探してみたり、エステサロンなどで外見に磨きをかけたりして楽しい人生を送ってください。

 

人生は有限です。他人の目を気にせず自分がしたい事、なりたい自分になることが人生の醍醐味ではないでしょうか。

 

メールが得意な男性は多いですが、逆に携帯で普通に話す力は低下している気がします。

 

これだけメールでのやり取りが増えても携帯が無くならないのは本能的に人間は話す事が好きな生き物だからではないでしょうか。

ページの先頭へ戻る